横濱もえぎ野クリニック

横濱もえぎ野クリニック

MENU

脳神経外科・内科

NEUROSURGERY

アイコン脳神経外科・内科NEUROSURGERY

脳神経外科・内科

頭痛

~急な頭痛や、日常生活ができない頭痛に悩んでいる方~

頭痛はよくある症状で、頭痛に悩まされている方はたくさんいます。しかし、頭痛と一言で言ってもその原因はさまざまです。大切なことは危険な頭痛を見逃さないことです。たかが頭痛といって自己判断しないでください。

頭部外傷

頭部外傷とは、頭に外部からの衝撃が加わることで頭の皮膚、頭蓋骨、脳などに損傷をきたすことです。
傷の程度により、打撲による皮下血腫(たんこぶ)からはじまり、帽状腱膜下血腫、骨膜下血腫、挫創、骨折、頭蓋内出血、脳挫傷などが挙げられます。
たんこぶの様でも、帽状腱膜下血腫、骨膜下血腫というものは、特にお子さんの場合は血腫の吸収が不良で、1週間くらいしても逆にぶよぶよと溜まってくることがあります。この場合、一度、血腫を吸引しなければいけないこともあります。 また、頭部外傷は一見、あきらかな損傷がなく軽症にみえても注意しなければならない場合がありますので、お気軽にご相談ください。

脳卒中

脳卒中(のうそっちゅう)とは、「脳血管障害」とも呼ばれ、脳の血管が詰まったり、脳の血管が破れて出血することで、手足の麻痺や意識障害などの様々な症状が現れることをいいます。脳卒中には「脳梗塞(のうこうそく)」、「脳出血(のうしゅっけつ)」、「くも膜下出血(くもまくかしゅっけつ)」の3つの種類があります。

脳梗塞

脳梗塞とは、脳の血管が血の固まりである「血栓(けっせん)」により詰まってしまうことで起こる病気です。血栓により血管が詰まると血流が止まってしまうので、詰まった先の血管の血液により酸素や栄養をもらっていた脳細胞が壊死(えし)することで、半身の麻痺や言語障害などの症状が出てしまいます。
脳梗塞は高血圧、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病の方に起こりやすいといわれています。普段から生活習慣の管理を徹底することが予防にも繋がります。

脳内出血

脳内出血とは脳の中の細い血管(動脈)が切れて、大脳・小脳・脳幹(のうかん)の脳の実質内に出血してしまう病気です。脳出血が起こると、血腫により周りの脳が圧迫されて、「意識障害」、「運動麻痺」、「感覚障害」、などの症状が発症し、脳の機能が低下します。高血圧を持っている方に起こりやすいと言われています。ですから血圧の管理を徹底することが大切です。

くも膜下出血

脳を保護する、「硬膜(いちばん外側)」、「くも膜」、「軟膜」、の3つの層から成り立つ脳膜のうち、くも膜と軟膜のすき間にあるたくさんの太い動脈から出血することで起こります。
症状は多彩ですが、代表的なものは突然の激しい頭痛、嘔吐です。麻痺や言語障害がないことも多いので注意が必要です。

アイコン脳ドックBRAIN DOCK

脳ドック

脳ドックとは

脳ドックとは、MRIなどによる各種検査で脳に関する病気を早期に発見するための検査です。脳動脈瘤や脳動脈狭窄や閉塞などの脳卒中の原因の発見はもちろんのこと、脳腫瘍、認知症に対する検査を行います。
また、病気の発見だけでなく、脳の病気にならないための予防にも力を入れております。

脳ドックをご希望の方へ

脳ドックをご希望の方は、ご予約をお願い致します。

脳ドックにおける当院の特徴
  • 1:豊富な臨床経験を持つ「日本脳神経外科学会専門医」が検査します。
  • 2:最新鋭のMRI装置を導入していますので、短い時間での高解像度の画像検査が可能です。
発見できる病気について
脳動脈瘤

脳内の動脈にできた異常な膨らみ(こぶ)が脳動脈瘤です。毎年多くの人が脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血が生じていると言われております。脳動脈瘤は破裂によって明らかになる場合が多く、破裂すると血液が脳周辺のくも膜下腔に流れ込み、くも膜下出血を引き起こします。 くも膜下出血は、出血性脳梗塞や脳機能障害を引き起こし、最悪の場合は死に至ることもあります。
くも膜下出血は、脳血管障害の中で突然死が最も多く、重篤な後遺症を残すことが多い病気です。くも膜下出血の原因として、中高年では9割以上が脳動脈瘤(脳血管のこぶ)の破裂によるものであり、これはMRI装置による脳の血管撮影により破裂前に発見可能です。動脈瘤の大きさや部位によっては、開頭クリッピングや動脈瘤コイル塞栓術により、くも膜下出血を予防することが可能です。家族にこの病気をお持ちの方は、発症率が約3倍と高く、特に検査をお勧めします。

脳梗塞

脳の血管が詰まることにより脳の一部が壊死した状態を脳梗塞といいます。脳や頚部の血管が動脈硬化やその他の原因で細くなったり、詰まることにより発症します。その他、心房細動などの不整脈やや血液の異常により脳梗塞を起こします。

脳出血

最新のMRIでは過去の小さな脳出血も発見が可能です。無症候性の小さい脳梗塞と脳出血をMRIで区別することにより、不適切な治療を避けることができます。

脳腫瘍

まだ症状のあらわれていない小さな脳腫瘍の早期発見が可能です。

脳ドックの料金について

脳ドック

26,500円(税別)

脳MRI、脳MRA、頸部MRA。
※X線の被曝や造影剤の使用はありません。
※後日報告書を郵送させていただきます。

脳ドッグは予約制となりますので、お電話にてご予約ください。
TEL:045-482-5005

pagetop