横濱もえぎ野クリニック

横濱もえぎ野クリニック

MENU

クリニックの特長

FEATURE

アイコンインボアシステム:フルデジタルMRIABOUT IN-BORE SYSTEM

MRIについて

MRI(インボア)について

フィリップス製のMRI独自のシステムで、映像と音楽を用いて、快適で居心地の良い空間を提供し、閉所恐怖症の方や幼小児の方にも撮像が可能になります。
経験豊富な女性のレントゲン技師が優しく丁寧に対応いたします。
映像と音楽も流れて安心して快適にMRIを撮っていただけます。

MRI(インボアシステム)

MRI(インボアシステム)

映像パネル

映像パネル

高画質フルデジタルMRIによる精密検査

当クリニックでは、最新のMRIを設置し、横浜北部地区で初めての映像と音楽が流れるインボアシステムを導入しました。快適で居心地のいい空間をご用意しました。閉所が苦手な患者様でもお子様に喜ばれている新しいシステムです。一度その目で確かめて体験してみてください。患者様に最適な医療をご提供できるようスタッフ一同努力してまいります。近未来には、訪問診療等も行いたいと考えておりますので、些細な質問や、疑問等がございましたら、どうぞ気軽にご相談ください。

快適なMRI検査環境を提供するInbore Solution

当院のMRIには検査中に映像と音楽を楽しむことができる最新システムも導入しています。閉所が苦手な患者様さまにも安心して検査を受けて頂けます。液晶モニターに映像が投影され、専用鏡で見ながら検査を受けて頂きます。 映像コンテンツは自由に選択可能です。

MRI検査室の照明の色合いも患者様ご自身でお選びいただけます。お好みの雰囲気の検査室でリラックスしながら検査を受けていただけます。MRIガントリの中では専用ミラーで壁に映し出された映像と音楽を楽しみながら検査を受けることができます。検査の進行状況や息止めの合図もモニタで確認することができますので、検査中の不安も少なくなります。MRIは狭いところで長時間拘束される苦しい検査ではもうありません。当院のMRIをぜひ体験してください。

動画視聴による期待する軽減効果
  • 閉所恐怖症
    ウェスタンオンタリオ大学から、MRI検査を受ける方の5%は閉所恐怖症であり、その他30%の方はMRI検査に不安を感じているという報告があります。
    (JAMA,Aug11,1993-Vol270,No6)
  • 再撮影
    ワシントン大学から、MRI撮影の20%(5シーケンスのうち1シーケンス)は、動きによる影響で、再撮影が必要であったという報告があります。
    (AJR,Volume12,Number7,July2015)
フルデジタルコイルシステム

当院では最新の1.5TMRI装置、Ingenia Prodiva を導入しています。この装置は業界唯一のフルデジタルシステムを搭載しており、従来システムと比較して短時間で高画質の撮像をすることができます。

最新高速撮像技術圧縮センシング

また最新の高速撮像技術を導入し、従来より大幅に撮像時間を短縮することができるようになりました。検査時間が短くなることで患者様の負担を低減することができます。
これらの最新技術を駆使し、信頼できる画像診断情報の提供と、患者様の負担軽減を両立します。

洗練された装置デザイン

装置のデザインはコンパクト設計で、寝台が従来より低く安心して検査に臨むことができます。また撮像に使用するコイルも従来より軽量化され、検査中の疲労、負担も軽減されます。

女性技師の検査補助

当クリニックは院長以外はすべて女性スタッフです。レントゲン技師も経験豊富な女性です。
女性スタッフによる質問の対応や検査の補助をさせていただきますので、女性患者さまもご安心ください。

アイコン女性患者様への検査補助体制TO FEMALE PATIENTS

女性患者様への検査補助体制

フィリップス製のMRI独自のシステムで、映像と音楽を用いて、快適で居心地の良い空間を提供し、閉所恐怖症の方や幼小児の方にも撮像が可能になります。
女性のレントゲン技師が優しく丁寧に対応し、安心してMRIを撮っていただけるようにします。
当クリニックは、患者様の気持ちに寄り添う医療人を目指し、明るく安全な居心地のいい空間を創り上げ、皆様と喜怒哀楽を共有していきます。

約34年間の臨床医としての経験と脳神経外科専門医としての知識を生かし、横浜北部(上谷本)のもえぎ野・柿の木台地区の地域医療の向上と皆様の健康管理に努めて参ります。クリエイト柿の木台店に併設し、映像と音楽が流れるMRIを完備したバリアフリーのクリニックです。

アイコン脳神経外科専門医による診療体制MEDICAL CARE SYSTEM BY A SPECIALIST

脳神経外科専門医による診療体制

私の専門は脳神経外科(脳卒中などの脳血管疾患や脳腫瘍と頭痛)になりますが、一般的な発熱・風邪・腹痛・下痢や花粉症などのお悩みから、日常生活で感じる頭痛・めまい・ふらつきなど、病院に行くかクリニックに行くか悩ましい症状・お悩みまで広く対応させていただきます。これまでに脳神経外科医として学んできた経験を生かしながら、脳血管系はもちろん幅広く内科系の高齢者の患者様を診させていただきます。

pagetop